乳幼児

アラキドン酸を過剰摂取してしまったら

アラキドン酸は私達の脳や肝臓や皮膚など重要な部分を構成してくれる重要な成分なのですが、ついつい摂りすぎてしまう方は注意が必要です。
アラキドン酸は生体調整ホルモンの働きをサポートしてくれる働きをしてくれるのですが、摂りすぎると全く逆な対応をしてしまうようになります。
生体調整ホルモンの過剰対応で、身体の中の機能が敏感な状態になり、皮膚であればアトピー性皮膚炎を起こしやすくなったり、アレルギー性湿疹を起こしやくなります。

血液の中のコレステロールの値が多くなってしまって、動脈硬化を引き起こすなど、私達の身体に対して非常に悪い影響を与えてしまいます。
つまり、アラキドン酸の効果に求めている効果とは反対の影響が出てしまうという事態を引き起こしてしまうんですね。
アラキドン酸は身体が理想としている量でおさめる事が、魅力的な効果を引き出す事ができる環境を作り出してくれます。

アラキドン酸は食材から摂ろうとすると、どうしても過剰摂取という事態を引き起こしてしまうので、サプリメントで摂取するといいと思います。
アラキドン酸のサプリメントであれば、一錠に配合されている量が決まっているので、理想的な量に合わせて摂取する事ができます。