乳幼児

乳幼児の成長に深い関わりがあるアラキドン酸

アラキドン酸は私達の皮膚や肝臓や脳など重要な部分を形作るための細胞の原料となっている成分です。
うまれた時からこのアラキドン酸を身体に摂り入れているので、元気よく成長する事ができるようになっています。
無意識に乳幼児から母乳で成長している私達ですが、その母乳に成長に欠かせないアラキドン酸を豊富に取り入れています。

お母さんから成長に必要とされる成分を自然に身体に摂り入れているわけですが、最近は粉ミルクで対応されている方が多くなっています。
乳幼児はいつおっぱいを欲しがるかわからないので、出かけ先とかで、実際におっぱいを飲ませることに抵抗がある方が多いようです。
その影響もあってか粉ミルクもアラキドン酸を含んでいる物を開発している所が多くなっており、すくすくと成長できる環境を作り上げています。

乳幼児の成長には欠かせない成分がアラキドン酸になるわけですが、成長していくという重要な過程によってサポートしてくれるんですね。
さらにアラキドン酸を沢山とって成長している乳幼児は、頭の回転が早いとされており、言葉を覚えたり、トイレを覚えたりする行動が早くなります。
アラキドン酸をしっかり摂取させて、元気よく成長できる環境を整えてあげましょう。